おしゃれに手作りアクセサリー

手作りアクセサリーって、女子力高いと思いませんか?中でもビーズはとても人気ですね。キットになっているものなら、どなたでも簡単お手軽に始められます。わたしは初心者ですが、テグスで編んでいく指輪、金属パーツでビーズをつなぐブレスレットやバッグチャーム、ネックレスを作り、友人にプレゼントして喜ばれました。

クオリティの高いデザインのキットもたくさん出てますから、まずは作ってみましょう。選ぶとき、パッケージには初級・中級・上級といった目安が記載されているので、参考にするとよいでしょう。いくつか作って慣れてきたら、キットのレシピを使って、金具部分のパーツの色や形、ビーズの種類を少し変えても、違った印象のアクセサリーができます。

色によってそれぞれの季節感も出せますし、お洋服のコーディネートにいろいろ合わせられるものもできます。ビーズをテグスで編むものは、テグスを切る際に使うハサミがあれば十分です。さらに結び目をしっかりと留めるためにボンドもあるとよいでしょう。

金属パーツを使うデザインのものを作るときは、ニッパー・平ヤットコ・丸ヤットコが必需品です。これらの工具は百均でも購入できますので、すぐに揃えられます。興味をお持ちの方は、ぜひ挑戦していただきたいなと思います。自分で作るって楽しいですよ♪

嫁という微妙な立場

私は申し訳ないながら、次男のヨメの立場の人間です。将来、旦那の親に何かしらのサポートが必要になったときに協力出来るように、今から関係を築いていこうと日々模索しているのですが、やっぱり兄嫁さんが同居を始められたとき(今はアパートにて別居中)は、こちらに対する多少の羨ましさが出てくるのだろうと今から不安です。

どうあがいても、その羨ましさがねたみになってしまうのではないかと怖いのです。知恵袋とかに登場するような、ずるい次男ヨメにはなりたくないんです。公式の場では兄夫婦を立てるつもりですが、責任は同じように分担したいです。先のことを考えて今から不安になっても仕方がないので、今は嫌われない程度の距離感で仲良くしていけたらいいなと思っています。なるようにしかなりませんよね。

義理実家の親戚関係って難しいですね。もともとちょっと神経質な性格なので余計に負荷がかかっています。結婚するまでは結婚したくて仕方なかったのですが、今となってはお気楽極楽独身実家暮らし時代が恋しくて仕方ありません。いつまでも親も元気ではないので、元気なうちに孫の顔を見せてあげられて良かったとは思っています。